UTM「統合型脅威管理」

UTM(Unified Threat Management)はセキュリティ対策の1つで、統合脅威管理と呼ばれます。

ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパム、Webフィルタリング、IPS(侵入防御システム)など複数の異なるセキュリティ機能を一つのハードウェアに統合し、集中的にネットワーク管理ができます。

UTMの導入により、複数の機能をひとつのハードウェアで管理できるので、コストを掛けずに効果的かつ分かりやすい対策を実現できます。

サクサUTM「SS5000」の特長

サクサのUTM「SS5000」は、米沢の工場にて製造しており、国産UTMとなります。

オフィスのネットワークセキュリティに必要な機能を1台に集約。

迷惑メールの検知や、不正なWEBサイトへのアクセスブロック、アプリケーションの使用制限など、さまざまな脅威に対応しています。

メール添付ファイルの自動暗号化機能や、メール誤送信防止機能もご利用いただけます。

外部からの脅威

外部からの不正アクセス

ファイアウォール機能・IPS/IDS機能で、外部からのデータ通信を監視し、社内ネットワークへの不正アクセスを防ぎます。

ウイルス侵入

ファイルダウンロードやメール受信時に、ウイルスを検知駆除します。

不正Webアクセス

ホームページを閲覧するときの通信を監視。閲覧している画像やダウンロードするファイルにウイルスが混入していないか検知駆除します。

迷惑メール

スパム、フィッシングメール等を検知し、偽造ホームページ等によるIDやパスワードの盗難を防ぎます。

ネットワーク攻撃

外部からのDoS攻撃など、ネットワーク攻撃を防ぎます。

内部からの脅威

内部からの不正アクセス

パソコンが乗っ取られ、外部のWebサーバなどへの攻撃や迷惑メール送信の踏み台などに悪用されることを防ぎます。

ウイルス拡散

ファイルアップロードやメール送信時に、ウイルスを検知駆除します。

Webフィルタリング

アダルトサイトや薬物、犯罪に関する業務上不適切なWebサイトへのアクセスをブロックします。

アプリケーション制御

通信内容からアプリケーションを特定し使用を制限します。

ネットワーク攻撃

内部機器からのDoS攻撃など、ネットワーク攻撃の拡散を防ぎます。

情報漏えい対策

メールによる情報漏えいを防ぎます。

メール誤送信防止機能

SS5000装置内に数分間メールを留めておくので、間違った相手にメールを送信してもキャンセルできます。

メール添付ファイル
自動暗号化機能

添付ファイルを自動的に暗号化するので、間違った相手に情報が漏れることを防ぎます。暗号化されたファイルのパスワードは送信元に通知されます。

サービスに関するお問合わせ

まずは、お気軽にお問い合わせください。
 

 

TEL0120-57-0246(平日9:00~17:00)